投資総括

今日の記憶を記録

$3T vs $300B

トヨタは3兆ドルクラブの10分の1 NVIDIA Microsoft Apple PERは8.61倍と72.1 38.5 35.0倍 8分の1か4分の1か 部品とソフトウェアと製品 公正市場の働き クルマとスマホ 雇用と効用と厚生 社会が技術を使うか技術が社会を司るか 人工知能の使い方 電力消費と自然環境 サイバーよりフィジカル 人の脳が死ぬか生きるか 人間と蟻 地獄と天国 10年後のトヨタとアップル 想像力と創造力を駆き立てるのは 爽快感と安心感 所詮移動と通信手段 過剰と異常の皮が剥げる時 世界の格差を平準化すれば一人1万ドル ストックもフローも今と同じが丁度良い 調整はNVIDIA Microsoft Appleの順に働く 歪んだValue distributionのReallocatioon 長期市場裁定機能を働かせる政治 中国と米国と日本の市場と政府 長い目で何を保有するか

五方良し

我存す故に我思う 社会的存在としての企業の思想と行動 イオンとヨーカ堂 ダイエー西友 創業者はもういない 何を継承するか 伝統を繋ぐ岡田屋 ジャスコ 共存共栄の実践 収益還元に基く時価 収益と賃金の二律背反を止揚する持続性の要諦 論理より情理 生活産業のリアルとデジタル セブンとミニストップ 個人株主比率が示す企業の公益価値 費用対効果 効果は利益に非ず 社会と環境 外部価値にあり B to BとB to C オムニチャネルを絞るセブン アジアに広がるイオン 米国で躓くセブン 日本市場で五方良し 社員 顧客 取引先 地域 株主への奉仕を意図する会社を探せ 成長とは潰れず拡張する力 長期内部生産性向上を測る情報 経営者の言葉と思索に現れる本性 セブン銀行イオン銀行 地域社会に貢献する為に必要な機能は何か 統合報告書を読んでみる 

植田とパウエル 金利を上げるか下げるか

日本の低金利は財政支援を通じて増税を回避する 米国の高金利は金融所得 消費拡大を通じて物価を引上げる 経済状態は失業率と物価動向で図る 社会状況は格差と出生率が示す 福利厚生は平均寿命と教育水準に現れる 政府の再配分と企業の投資で見たお金の流れ 米国の物価引下げには金融引締より緩和 日本の為替引上げには金利引上げより資金回収 グローバル資本市場に収益機会を与える米国と資金供給する日本 米国経済に必要な勤労所得と資産所得の調整 日本経済に必要な不必要政府支出の抑制と企業投資促進の規制撤廃 投機市場と実物市場 日本の金利引上げは家計購買力を直撃する 米国企業の投資判断に高政策金利は影響しない 財政金融政策の要諦は危機予防と管理 米国財政赤字は持続不能 日本家計納税力は臨界点 問題の所在 米国は政府と企業 投資成果の不確実性 日本は金融仲介機能の不在 世界資本市場に必要な調整弁 金融商品流動性は世界経済に寄与しない お金の流れ 税と賃金 消費と投資 閉じた社会の循環特性 持続性と有効性 健全な国民は賢明な政府を選択する バイデンと岸田 トランプと高市 財政は積極性より優先性 中央銀行は間違える 中央政府は何も考えない 

円高 企業収益減 株価調整

米国債券と株式の二律背反 自然利子率2%+物価上昇率3%=中立金利5% ドル下落 金利上昇 株価調整 日本株は循環 米国株は期待 5.25%を維持する必然性はない ソフトランディングに必要な資産価格調整 金融投資家の動き 為替投機は短視眼 データ経済社会の未来 生成AIより健全脳 NVIDIA価格支配力を許す強欲テック企業の挫折 クルマは機械かソフトウェアか 社会の選択 技術より自然 国家より家族 リーマン前の油価150ドル 金融商品は多様化し市場参加者は増大した 資産所得より勤労所得 社会秩序維持に必要な調整 習近平の後に続け

物価と株価と債券価格

金融経済の限界 もう低金利 低物価世界には戻れない 必需品の供給力 不用品の生産力 教育投資の費用対効果 中国の供給力が世界の物価安定 二酸化炭素排出抑制に貢献する? 米国の信用力が財政赤字と強いドルを支える? 既に均衡と調和の鎖は外れた 不可逆的なロシア イスラエル 北朝鮮 自己修正能力を発揮するかイラン 米国 大統領選の行方 債券下落が先行し 株価剥落が世界の平和と物価安定を齎す 中国社会費用の負担者は誰か 人民元に先んじて下落した円 最後は政府の信任次第 日本のプライム市場時価総額1千兆円の意味 意義 持続性 車 総合商社 銀行 経営者の頭にある虚実像 空で良い GDP並の方がまし 成長性より持続性 社会より家庭 生活必需品を除く奢侈品消費税引上げを

リテラシー 金融の前に社会

稼ぐ力 貯める技 殖やす術 使う歓び 生まれた環境で異なる社会 覗き見る風景 欲と業と妬み 時間とお金の関係 従業と自営の違い 誰も金融市場の先行きを知らない 産業と社会の在り様は立場と見方次第で変わる 士農工商 どの役割を担うか 才能は好み 継続する力 内なる声を聞くゆとり 外の圧に晒される度合 経験が知恵を形作る 知識が色を添える 優しい親と格好いい大人 教育より機会 自らの保有資産を運用するには引退して応援する必要とする会社を10社選ぶ位が丁度いい 勤め上げた会社の株式を生涯保有する人は幸せだ 柳井さんのように死ぬ迄 現役は特別だ 日本社会を悪様に書く記者は無用だ 今の日本を知るや君 知ろう 創ろう 変えようよ 日本に必要なエネルギーと食料と流通と通信と住宅と機械と医療と教育と交通と媒体 一分野一社で10社 これでも良いのだ  

Fiscal, Current & Financial balance

プラザ合意 双子の赤字でドル切下げ インターネットとAI 金融市場の未来 労働市場は米国社会を支える 人と金の値段を市場が決める米国 燃料も食料も自給し得る大国 ロシアも米国と共に中国と対峙すれば良いものを 中東もインドもアフリカも金融なしに発展はない 財政 貿易赤字は強国の象徴 日中欧の労働 金融市場の弱点 ストックとフローのポジション 日台韓はUnited States of Americaに組込まれた 通貨と金融が支えるPax Americana 自然利子率 中立金利の決定要因 ボルガーの処方箋は要らない 4-6%のYield Curveで米国経済が回り社会が均衡すれば中国も太刀打ち不能か 社会は雇用動態が方向付ける 働かない人の数が増えるのは 働く動機が廃れる地域は お金が動かす世界 哀しき現実 米国の長期戦略 インド 中東 アフリカの市場化